スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CONFLUX解禁

その前にSSE Draftで優勝。
バランスのいい速効型の赤緑で、勝つのも負けるのもとにかく早かったw

そしてCON Swissに参加。
自分は白緑青のバンドデッキにした。
カードの種類が少ないので、いいカードが集まりやすい。

版図カードは5色そろえばコストに見合わない高パフォーマンス。
緑を軸に5色にするのが強いかなという印象。

ますます多色化が進んで難しい時代になってきたなぁ。

スポンサーサイト

ALAドラフト

久々に優勝した。

ナヤに黒タッチ。
火力4枚に、カルデラの乱暴者(全体3点)。
クリーチャーはマナクリーチャー4枚を含む全体的に軽め。

コンバットトリックでの火力がよく決まり優位に進めることができた。
決勝1-1で迎えた最終戦、相手ライフ4、自分10で、相手のターン。
5/5のクリーチャーで攻撃してきたのをスルーもできたが単損でブロックしたところ、相手投了。
「魂の炎」を相手が持っているという読みは当たっていようだ。

深い

MTGのハナシ。上手い人の話を聞くほど戦略の深さが窺える。

デッキを組む上で重要になってくるのが除去スペル(妨害するカードのこと)なんだけど、低コストで相手の除去の対象となるカードを入れておくと、後から本当に除去されたくないカードが通りやすくなるという。
逆にこちらも、何を除去すべきかを考えてプレイすることが必要だということ。ついつい除去できる対象があれば、できるうちにとやってしまいがちだが、相手の狙いを読んで本当にすべきか考えよう。

マイコロスの恐怖

マイコロスの恐怖2

とあるスタンダード・カジュアル戦にて、クレイジーな相手が現れた。

最初何を狙っているのか全く不明なデッキだったが、「マイコロス」を出すと「瓜二つ」でトークンを食っていき、8/8、52/52、108/108のマイコロス3体になってたw 毎ターン数十体のトークンを出す恐ろしい状況になった。相手のフィールドは完全にトークンで埋め尽くされた。こうなったらこちらも遊ぶしかないw相手のフルアタックをストレートで受け324ダメージを記録。このまま続けていれば、万単位のダメージ行ったんじゃないか?これだけフィールドにパーマネントが存在してプログラムが落ちないかと心配になったw

現実は

近所のカードゲーム専門店(ギャザの認定店)に行ってみた。どういうデッキが流行ってるとか調べる為に。お店に入ってすぐ、この空気は無理だと思った。遊戯王とか知らないカードゲームで対戦してる人が20人くらいいた。専門学校を思い出した…。しばらく店員さんとギャザに関する話をした。主にシールドとドラフトもデッキの作り方について。このお店では金曜日と月一で大会をやってるそうだ。その日はいつも20人くらい集まるらしい。人口がまた増えつつあるとか。でも自分はオンラインしかやる気ないけどね。

シールド 3:1 2:2
ドラフト 1没 1没 優勝

赤黒タッチ緑とか白青タッチ緑をドラフトでやってみた。前者は1回戦で同じ赤黒タッチ青に敗けはしたもののかなり強い印象。後者は優勝した。
もっとプレイングの幅を広げてどんなドラフトでカードが来ても臨機応変に色を選び対応できるようにしたい。
Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。