スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デッサンは楽しかった

今日は午前中3時間みっちりデッサンしてきた。
他の事を一切考えず、ただ描くことだけに集中できるのは最高だ。

講師は現役のクリエイターさんで、基本的な技術を丁寧に教えてくれました。
ときどき様子を見に来てアドバイスをくれたり、ささっと直してくれたり。
やっぱプロのデッサンはすげーや。

平日の午前なので、美大志望の学生さんが数人いた程度で、とてもいい雰囲気。
また明日行って、今日の続きをやってこよう。

今日は疲れたのでちょっと休んでから、後でなんか描こうかな。

あ、あとアンケート復活しましたのでよろしく!

デッザン

IMG_0218.jpg

今日はデッサンを教えてくれる教室に体験で行ってきます。
ずっと家にいてもすることないし、前々からデッサンは一度ちゃんとやってみたいと思ってたから、
いい機会だし気晴らしにもなるだろうと思って。

持ち物は、えんぴつ・消しゴム・カッターナイフ だけで良いとのことだったんですが、
えんぴつすら持ってないことに気がついて、買ってきました。

いつもは、コピー用紙に100円のシャープペンと、100円のノック式消しゴムですからね。

あとProjectPaperと書かれたメモ帳は、「ネタ帳」にしようと思ってます。
いつも絵を描く前に、アイディアを紙の端っこに文字にして書き出すんですが、
なんせコピー用紙の端っこなので、後から見返すことが無いんですよね。
だからこれに書き溜めてみます。こういうのって後から財産になると思うんですよ。

黄色い表紙のはスケッチブック。これも持ってなかったのでついでに買いました。
気候もちょうどいいので外でスケッチとかもいいかもしれませんね。

ラフ:仮面

071029_1.jpg


テレビでイタリアの伝統工芸の仮面を見て描きたくなりました。

右はおそらく身分もそれなりに高い若い貴族なんです。左は闇の商人みたいな。受け取っているのは劇薬かあるいは媚薬か・・・。あとは想像にお任せ。

ちなみに14世紀ごろのイタリア・ベネツィア市民は普段から仮面を付けていたそうです。この文化の背景には何があったんでしょうかね。

■参考■ ←このサイトすごく綺麗な写真が沢山そろっててみてるだけでも楽しいです。

ラフ:北欧ロリ

北欧の民族衣装(イメージ)+ロリテイスト。

ドレスのボリューム感が出ないので、リボンで重心を下げてごまかしてみたり。

0s.jpg



注文していたフロアスタンドが届きました。首が自由自在に動きます。光量も無段階調節できます。このスペースがお気に入り。

rooms.jpg

ロゴを作ってみた

logo_1.jpg


案をひたすら紙に描きまくって考えた。

うーん。客観的に観るとなんか違うんだよな。

絵を描いたらサイン代わりにペタッとこれを貼って使います。

« Previous Page Next Page »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。